結婚式の費用・完全バイブル~挙式から引出物、手作りグッズまですべてわかる~
結婚式を挙げるうえで気になる費用についてとことん調べました!挙式から引出物、手作りグッズまですべてわかる結婚式の費用完全バイブル
ハウスウェディング・チャペルウェディング・リゾートウェディング・神社・仏閣…式場タイプ別で見る結婚式の費用相場はどれくらい?
先輩カップルに聞きました!結婚式、お金をかけてよかったことよくなかったことは?
結婚式の費用 完全バイブル » 結婚式の費用に関する素朴なギモン » 結婚式までにどれくらい貯金しておけばいい?

結婚式までにどれくらい貯金しておけばいい?

このページでは、結婚式までに必要な貯金額と賢く貯金する方法を掲載します。

結婚式費用の貯金額は平均298.4万円

結婚式、そして結納や新婚旅行など、結婚にまつわる費用の合計平均金額は443.8万円といわれています。

そのうち、ご祝儀は約226万円、親や親戚からの援助金の平均は約183万円です。ご祝儀や援助金が平均額あったとしても、約34万円は自分たちで払う金額となります。

とはいえ、ご祝儀や親からの援助をあてにするのは、トラブルのもと。ご祝儀が予測していた額よりも少なくなったら、それだけで赤字になってしまう可能性があるからです。

だからこそ、しっかりと貯金をしておく必要があります。

カップル二人で貯金した平均金額は298.4万円。この数字を目安にすると、一人150万円程度が目標額といえます。

それぞれの目標を設定しましょう

貯金を成功させる最大のコツは、目標金額をはっきりと持つこと。

マイホームのイメージ画像そこで、何にいくらかかるのかをはっきりとしておく必要があります。ちなみにここでは、結婚後の生活も考えて貯金することにします。

まず、結婚式の費用としては先に書いたように一人150万円が目標です。

次に、新生活の準備です。ある調査によると、新生活準備にかかった費用の平均額は88.1万円。これには、新居の賃貸住宅の費用や敷金礼金、家具や家電の購入などの費用が含まれます。

もちろん、親と同居するなどでかかるお金は変わってきますが、それぞれ50万円程度蓄えていれば安心です。ここまでの合計で200万円になります。

そのほか、生活の予備費として50万円、マイホームの購入予定があれば一人300万円程度の貯金があるといいと言われます。

金銭感覚を互いに合わせることが大事

賢く、上手に貯金していくためには、まず目標金額をしっかりと定めて、毎月いくら貯金するのか、何を節約するべきなのかを理解しておくことが大切です。

そうすることでやる気も出てきますし、具体的に数字にすることで自覚も出てきます。

また、カップルで話し合いをきちんとして、金銭感覚を合わせておくことも重要です。結婚後の生活には、お金の問題は避けては通れません。結婚前から話し合いをして、二人で解決していく習慣をつけることで、結婚後のお金の不安を減らせますよ。

貯金の方法は、基本は節約になります。カップルでの貯金ですから、二人で出かけるデート代や旅行代はすぐに節約できます。キツキツの節約生活をする必要はありませんが、結婚後の生活を考えて、無駄な買い物も控えるようにしましょう。

女性の場合は「花嫁修行」と考えて、家計簿をつけてみるのもいいかもしれません。無駄な出費を自覚でき、自然と支出が減っていきます。

また、お互いに一人暮らしで出費が多い場合には、とりあえず同棲をして生活費を最低限に抑えるという手もあります。いずれにしても、カップルでよく話し合って、力を合わせて貯金していくことが大切ですよ。

親から援助は? 両家の負担額は?低予算でも挙式できる? など みんなが知りたい結婚式の費用に関する素朴なギモン
実際に、結婚式の見積りをとってみよう!見積りをとるときのポイント、見積書の見方についてアドバイス
結婚式の予算がオーバーしたとき見直すのはこの3つ!
北海道から沖縄までエリア別で見る結婚式の費用相場はどれくらい?
花嫁の7割がやっている!?結婚式の費用を節約できる手作りウェディンググッズのススメ
- 特 集 - 結婚式の費用にまつわるエピソード 「予算オーバーで●●をあきらめました」「同じ結婚式場だったのに、友人より高かった」「未婚のわたしはお祝いするばかり」など気になる本音満載!
pagetop