結婚式の費用・完全バイブル~挙式から引出物、手作りグッズまですべてわかる~
結婚式を挙げるうえで気になる費用についてとことん調べました!挙式から引出物、手作りグッズまですべてわかる結婚式の費用完全バイブル
ハウスウェディング・チャペルウェディング・リゾートウェディング・神社・仏閣…式場タイプ別で見る結婚式の費用相場はどれくらい?
先輩カップルに聞きました!結婚式、お金をかけてよかったことよくなかったことは?
結婚式の費用 完全バイブル » 結婚式の費用に関する素朴なギモン » 二次会にかかる平均費用はどれくらい?

二次会にかかる平均費用はどれくらい?

このページでは、結婚式の二次会の費用の目安や会費の相場についてご紹介します。

二次会の費用相場は5,000円程度

二次会のイメージ画像

二次会は披露宴と違って会費制で行われる場合が圧倒的に多いもの。

ある調査によると、二次会の費用相場は男性が5,900円、女性が5,100円という結果が出ています。

九州だけに限ると、5,000円以下で行っている場合が多いようです。これは、単純に飲食店の料金が首都圏や関西よりも安く設定されているからだと思われます。

披露宴から出席した場合、披露宴でご祝儀を払い、二次会で会費を払うことになります。ゲストにとっては結構な出費ですよね。

ですから、二次会の会費にはあまり高額をつけず、マイナスにならない範囲で参加しやすい金額を設定するよう心がけましょう。1万円を超えてしまうと、ゲストから反感を買ってしまうことにもなりかねないので要注意です!

しっかりと予算を組みましょう

二次会では、幹事に進行や準備を任せるカップルも多いと思います。

当然ながら、信頼している知人・友人に幹事をお願いすることになりますが、それでもお金に関することでトラブルが起きることがあります。

幹事とのトラブルのほとんどが金銭関係。これは、予算見積もりの甘さが原因で、支払金額が足りなくなってしまう場合がほとんど。トラブルが起きないためにも、事前に予算をしっかりと組んで、マイナスにならないよう準備しておくことが大切なのです。

では、二次会にかかる費用には、どのようなものがあるのでしょうか。

まずは、会場費。これには、場所のレンタル料や料理、ドリンク代が含まれます。演出で会場に備え付けられている備品を使用する場合には、備品の使用代がかかる場合もあります。

何がいくらかかるのか、事前に把握しておきましょう。また、ゲームで景品を出す場合には、この経費も必要です。

ほかに、新郎新婦からゲストに渡すプチギフト代、招待状代、芳名帳やウエルカムボードなどの備品代がかかります。

二次会の会費は、一般的に料理と飲み物、会場費を頭割りした金額だと考えます。新郎新婦の衣装代やプチギフト代は、新郎新婦が負担します。

以上を参考にして、予算がいくらで会費をいくらにすればいいのか、改めて考えてみてくださいね。

二次会ならではの予算の組み方

二次会のイメージ画像披露宴とは違う、二次会ならではの注意点を説明します。

まず、二次会の場合の会場費は、出席人数×飲食費の金額のことがほとんどです。別途会場使用料をとる会場は少ないと思います。新郎新婦や幹事の人数もカウントすることを忘れないでくださいね。

飲食代ですが、披露宴の後に二次会を行う場合には、料理を少なめに設定したほうがいいでしょう。ほとんどの場合、披露宴でフルコースを食べてきます。

ですから、二次会の料理は余ってしまうことが多いのです。参加人数よりも1割少なく注文しても問題ありません。

しかし、お酒好きな人が多い場合には、ドリンク代が高額になりがちですので注意しましょう。飲み放題プランがある場合には、それを利用したほうが無難です。

そして、忘れてしまいがちなのが、消費税。金額があがれば、消費税の額も相当なものになります。始めから予算に組み込んでおきましょう。また、ドタキャンが出ることも考えて、予算には余裕を持たせることも大切です。

親から援助は? 両家の負担額は?低予算でも挙式できる? など みんなが知りたい結婚式の費用に関する素朴なギモン
実際に、結婚式の見積りをとってみよう!見積りをとるときのポイント、見積書の見方についてアドバイス
結婚式の予算がオーバーしたとき見直すのはこの3つ!
北海道から沖縄までエリア別で見る結婚式の費用相場はどれくらい?
花嫁の7割がやっている!?結婚式の費用を節約できる手作りウェディンググッズのススメ
- 特 集 - 結婚式の費用にまつわるエピソード 「予算オーバーで●●をあきらめました」「同じ結婚式場だったのに、友人より高かった」「未婚のわたしはお祝いするばかり」など気になる本音満載!
pagetop