結婚式の費用・完全バイブル~挙式から引出物、手作りグッズまですべてわかる~
結婚式を挙げるうえで気になる費用についてとことん調べました!挙式から引出物、手作りグッズまですべてわかる結婚式の費用完全バイブル
ハウスウェディング・チャペルウェディング・リゾートウェディング・神社・仏閣…式場タイプ別で見る結婚式の費用相場はどれくらい?
先輩カップルに聞きました!結婚式、お金をかけてよかったことよくなかったことは?
結婚式の費用 完全バイブル » 結婚式の費用に関する素朴なギモン » 低予算でも結婚式できる?

低予算でも結婚式できる?

このページでは、さずかり婚などでなるべく早く結婚式を挙げたいカップルや、予算が少ないけれど挙式だけは行いたいカップルのために、低予算でもできる結婚式プランについて説明しています。

コストも時間も節約できる
格安結婚式の特集はこちら!

平均はどのくらい?結婚式にかかる費用について

結婚式にはいくらくらいお金がかかるのでしょうか。

費用は「挙式」や「披露宴」、「パーティ」、「二次会」など、おこなう種類によってさまざま。挙式だけでも会場や司会者、招待客数、料理の種類など、どのような式にするかで費用に大きく差がでます。
これらすべてを行ったカップルの平均相場は約300万円~約400万円。挙式と披露宴のみ行ったカップルは約200万円~約250万円程度かかるようです。

低予算で行うには?

「意外とかかるんだな…。」と肩を落とされた方も多いはず。しかし、工夫次第では100万円前後も節約できたカップルもいるのです!

低予算で行うにはまず単価が高いものから見直していくことが大切。その中でもウェディングドレスとお花は比較的コストダウンをしやすいです。ドレスはレンタルより外国製のドレスを選んだほうが安く、予算がグッと低くなるためオススメ。
また、式を挙げる季節のお花を選んだり、受付や来賓の席のお花はなくしたりと、お花はちょっとした工夫で数十万もコストダウンできます。

上手に節約するコツは時期を考えること!

結婚式を挙げる時期を見直すことが、上手にコストダウンするコツです。

一つ目はオフシーズンを狙うこと。真夏や真冬は比較的人気が低いため、人気のある春や秋に比べて安く価格設定している式場があります。
二つ目は仏滅を選ぶこと。最近は仏滅にあまりこだわりを持たないカップルも多いようです。仏滅には割引がある式場が多くあるので狙い目!
三つ目は半年以内に挙式すること。日にちに空きがあり、格安プランを提示している式場もあるのでおすすめです。
四つ目は夕方から開始するナイトウェディングを選ぶこと。夕方からの挙式は昼間の挙式より割安なことがほとんどです。

低予算で挙げられる挙式「フォトウェディング」

せっかくの結婚式だけど、そんなに予算が出せない…という時は、フォトウェディングがおすすめです。

平均的な結婚式の費用が約300万円であるのに対し、フォトウェディングは3万円前後~30万円前後。撮影する場所や枚数、希望によって変わってきますが、それでも普通に結婚式をあげるよりは、低コストで抑えられます。

もっとコストを抑えたい!という人には、式場のカメラマンではなく、外部のカメラマンを自力で探して依頼をすると良いでしょう。式場のカメラマンの場合は、セット料金に含まれていることが多く、値段の交渉をすることが難しいケースが多いです。

会場入りに制限があることもありますが、しっかりと会場とカメラマンに確認をとれば、コストダウンをはかれるでしょう。

フォトウェディングの費用

式場のカメラマンに頼む場合15万円~20万円

外部カメラマンに頼む場合10万円~15万円

低予算でできる披露宴「レストランウェディング」

低コストの披露宴なら、レストランウェディングがおすすめ!引き出物や衣装の持ち込みがOKなケースが多いため、自分たちで用意すればコストダウンができます。

相場はだいたい100万円~300万円ほど。プランには必要な物がほとんど揃っているので、準備の時間がない!という二人にもいいですね。

より低予算にしたい場合のキーワードは「自分で用意できるものは自力でする」。

招待状やウェルカムボードを手作りにしたり、ご友人に司会を依頼したり、引き菓子を自分で用意したり…。意外と自力でやったほうが安く済むことがあります。

また、そんなにゲストを呼ばないという場合は個室を借りると、よりコストダウンがはかれるでしょう。

レストランウェディングの費用

ゲスト80人の場合140~400万円ほど

ゲスト20人の場合140万円ほど

プランでコストダウン マタニティプランを賢く活用

マタニティプランのイメージ画像

「妊娠中だから結婚式は諦めなきゃ…」なんて考えは古い!最近では、多くの結婚式場では「マタニティプラン」と呼ばれる、さずかり婚カップル向けのプランが用意されています。

約1ヶ月で準備が終わったり、さまざまなサポートを受けられるプランで妊婦さんでも少ない負担で準備ができます。

さらに、マタニティプランの結婚式は、直近の空き日に式を行うため、通常のプランに比べて低予算でできるメリットもあります。

さずかり婚の方の結婚式のベストタイミングは、妊娠5~7ヶ月といわれているので、妊娠がわかってから結婚式を行うまでには、余裕があります。さずかり婚のカップルをたくさん見て来たプランナーさんが手がけてくれる、マタニティプランでぜひとも夢の結婚式を挙げてくださいね!

プランでコストダウン 記念写真、挙式のみプランも注目!

フォトウェディングのイメージ画像急に結婚が決まったり、出産が間近だったり、または結婚式にお金を使いたくないカップルにオススメなのが、挙式だけのプランや写真撮影のみのプランです。

一生に一度の結婚式。やはり、記念になるものは何か残しておきたいですよね。

人前で主役になりきる、披露宴が苦手という人もいると思います。そういう方には挙式と記念写真だけのプランがおすすめです。

挙式、写真撮影だけでも、とびきりの思い出になりますよ!

プランでコストダウン 最近、人気の少人数プランもおすすめ!

家族婚のイメージ画像格安結婚式のプランで最近人気があるのが、家族婚や少人数向けの会食プランです。

これらのプランは、挙式+会食+写真撮影を中心とした内容で、親族のみ、親しい友人のみを招いて行う式です。多くのプランで、1名1万円代でできるので、低予算の式を考えている人にピッタリです。

このように、探せば低予算で挙げられる結婚式プランや格安プランがあります。ぜひ、こういったプランを活用して、思い出に残るイベントを行ってくださいね。

親から援助は? 両家の負担額は?低予算でも挙式できる? など みんなが知りたい結婚式の費用に関する素朴なギモン
実際に、結婚式の見積りをとってみよう!見積りをとるときのポイント、見積書の見方についてアドバイス
結婚式の予算がオーバーしたとき見直すのはこの3つ!
北海道から沖縄までエリア別で見る結婚式の費用相場はどれくらい?
花嫁の7割がやっている!?結婚式の費用を節約できる手作りウェディンググッズのススメ
- 特 集 - 結婚式の費用にまつわるエピソード 「予算オーバーで●●をあきらめました」「同じ結婚式場だったのに、友人より高かった」「未婚のわたしはお祝いするばかり」など気になる本音満載!
pagetop